So-net無料ブログ作成

胎児の検体結果を聞きに行く~やっぱり転座… [不妊治療]

病院から連絡があり、その日に夫婦で病院へ向かうことになりました。

病院は珍しく空いており、待ち時間は比較的少なく診察してもらえました。
血液検査をする前に、2人で診察室に入り先生からのお話を聞くことに


先生「先日行った手術の検体に出していた結果が届きました。
   こちらをご覧ください」

とおっしゃり、一枚の紙を出されました。

そこには、まるでミミズかゴカイのような長細い虫の写真みたいなものが
くねくねと規則正しく並んでいました。

先生「これは検体でわかった胎児の染色体です。性染色体はXXなので女の子ですね」


あ~これが染色体なんだ!初めて見た~
そして女の子だったのか…(´;ω;`)
と少し感慨深くなりました。


続けて
先生「この13番と14番の染色体を見てください」

先生が指されたところを見ると…

同じ大きさで対になっているはずの染色体が
13番染色体の片方だけ倍くらいに長くなっていました。
そして14番染色体は対になっておらず、一本しかない状態でした。


先生「これはロバートソン転座という種類の染色体異常です。
   本来なら対になっていないといけない14番染色体の一本が
   13番染色体の片方にくっついている状態になっています。
   これは、前回の妊娠時に突発的に起こった異常の可能性と
   夫婦いずれかから遺伝した可能性、両方考えられます。
   なので、血液検査をして遺伝かどうか確認しましょう」


あ~、やっぱり転座があったんだ…
でも私が想定してたのは相互転座だったから、
ロバートソン転座についてはあまり調べてない…また帰ったら調べなきゃ…

とショックという気持ちと、やっぱりそうだよねという気持ちと入り交じり
ぼんやりこのように考えておりました。


そして夫婦で血液を抜いてもらい、結果が2週間ほどで出るので
また連絡するのでその際二人で来院してください、とのことで病院を出ました。

そして帰り道

私「ほら、私の言う通りやっぱり転座だったでしょ?」

夫「ふむ、あなたの予想が当たったね。
  でもまあ、まだ遺伝とは決まったわけではないし、結果を待つのみ」

のような会話をしながら家路につきましたが、
私の心中は決して穏やかではなく混乱していて、
帰ったら検索しまくろうと考えておりました。




にほんブログ村


スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。