So-net無料ブログ作成

転座判明…その夜に [不妊治療]

私にロバートソン転座があることが判明し、
絶望的な気分で家に帰りました。

これからどうしよう…という気持ちで頭がぐるぐるしていました。

もしかしたら、この先ずっと子供を授かることはできないかもしれない…
原因は私にあるのははっきりしてる訳で、
もしそうなってしまったら夫には本当に申し訳ない…

そんなことを考えてはいましたが、努めて普通にふるまうようにしました


私「やっぱり私に転座あったね。ほら、私の言ったとおりだったでしょ」

夫「そうみたいだね」

私「夫君にはご迷惑かけて申し訳ないね」

夫「ふむ、しょうがないね」

みたいな会話をしながら家に向かいました。


家に帰ってからも話し合いはしたかったのですが、
夜遅かったし、夫は明日も仕事があるしで、翌日以降に持ち越しとなりました。

それに…私としても、先生のおっしゃいっていた
出産に至る受精卵の確率は2/18がどうしても腑に落ちていませんでした。
その根拠についての説明もなかったし、一度じっくり調べてから考えをまとめたい、
それによって結論も変わってくるだろうし、と考えていました。


そして、その夜お布団に入りながら色々なことを考えていました…

この先どうなっちゃうんだろう…
子どもがいない人生なんて考えてもいなかったけど、
そういう可能性も低くはないんだなあ…

私は自分が原因だからまだいいとしても、
夫は私が妻じゃなかったら普通に子供を授かれるわけで、
きっとやりきれない気持ちだろうな…
逆に私じゃなくて夫に転座があるってなったら、
この先の展開次第によるけど、もしかしたら別れたいって思うかもしれない…

さっきはしょうがないって言ってくれたけど、
もし夫が分かれたいって言って来たら承諾しないといけないよな…
っていうか、私から「もし夫が望むなら別れよう」って言うべきなのかしら?
でも私としても、転座になったのは自分の意志じゃないし、
そんなこと言える度胸?勇気?は残念ながら今の私にはないぞ…

相手の幸せを祈って自分から手を引くなんて、
私にはできそうにないなあ、腹黒い妻ですまん、夫よ…
まあ、夫は自分の意志ははっきり持ってる人だと思うし、
あえて私から別れようとは言わないぞ

でも私の重荷を夫に背負ってもらうのを強要するのは違うと思うから、
夫から離婚したい旨の話があったら飲まざるを得ないな…

そしたら、もう再婚は難しいだろうしまた仕事探して仕事一筋で生きていくか…
あー海外赴任ついて行くのに仕事辞めっちゃったし、
ちゃんとお仕事見つかるかしら…

あ~いやだいやだやだいやだ…

とぐるぐる考えながら、その日は枕を濡らしつつ眠りにつきました


にほんブログ村
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。